寿司屋バイト通り

回転寿司はバイトから正社員登用の可能性も十分!

寿司屋バイト通り

人気サイト★ランキング

特集ページ

トラブル回避!「時価」について

トラブル回避!「時価」について 回らない寿司屋で恐怖を感じる『時価』の2文字。なぜ時価なの?ぼったくりなの?時価の意味を正しく知ろう!

伸び続けている回転寿司業界

正社員の道は近い!回転寿司業界

回転寿司店を利用したことのある人は、相当数いるでしょう。かつては高級なイメージのあったお寿司を、手軽に、誰でも食べられるような価格設定にすることで広まりました。不況に強いという外食産業も、長引く不況にはさすがに対応しきれない面が出てきていますが、その中でも回転寿司は業績を伸ばしています。気軽に利用できるファストフードという中でも、お寿司という、取扱う商品にも、一般的な飲食店よりもさらに清潔なイメージが求められている仕事です。明るくきれいなイメージにも、お客さんを惹きつけるところがあります。

正社員の道は近い!回転寿司業界

能力次第で積極的な昇進がある

成長している業界というのは、多数の出店などで店長、副店長といった人材を常に必要としています。そのため一年目、二年目といった新人であっても副店長、場合によっては店長への昇進がありえる業界ですので、意欲的な人材が集まってくるという良いサイクルが発生します。そのため出店数が増え続けていくのです。当初はバイトであったからといって、能力が認められればスピーディーに正社員登用も行われる業界です。ですから単にお寿司が好きだからお寿司に携わる仕事がしたい、しかし専門的な修行はしたくないという人だけではなく、どこかの業界でのし上がってやろうという野心的な人も集まってくるのです。

専門技術のマニュアル化

お寿司を握ると聞くと、それはあくまで職人さんたちの世界の話であって、自分のような人間には関係のないことであるように感じられるかもしれません。けれどもそうではないのです。特殊な技術がなくても、指定されたことを指定されたとおりに行うだけでお寿司が握れるようになっているのです。特に、一皿100円(税別)の商品がメインのお店の場合は徹底されています。例えば、マグロの握りを作るとき、シャリとネタのバランスは職人の感覚に依存するものでしたが、回転寿司のキッチンでは適量のシャリを用意してくれるロボットがあります。その上に、適量のネタを切り分け、上にのせていくだけでお寿司ができてしまうのです。海苔巻きもそうです。専用の海苔巻きロボットが、海苔、その上にシャリを用意してくれ、作りたいネタを中央に細長くのせると、ロボットがグッと巻いて海苔巻きを仕上げてくれるのです。あとは人間が適切に切り分けるだけです。

お店によって個性がある

店舗数を拡大しているチェーン店にはそれぞれの個性があります。パートと正社員が明るくなごやかに打ち解けている傾向の強いチェーン店や、逆に、利益を追求することに一生懸命になるので人間関係は二の次三の次となっている店舗です。お客さんの満足度につながっているのであれば、どちらのお店が悪いということはありませんが、おだやかな人が殺伐とした現場にいるのはマイナスですし、逆もそうですね。傾向をつかんで職場を決めていかないと、お互いに不幸な目に遭うことになるでしょう。