寿司屋バイト通り

なぜ寿司屋で働きたいのか?志望動機を整理する

寿司屋バイト通り

人気サイト★ランキング

特集ページ

トラブル回避!「時価」について

トラブル回避!「時価」について 回らない寿司屋で恐怖を感じる『時価』の2文字。なぜ時価なの?ぼったくりなの?時価の意味を正しく知ろう!

納得の志望動機でポジティブな印象をもたれよう!

志望動機と自己PRはしっかりと

どこかの会社で働きたい時に、履歴書の記入と提出は必須条件ですよね。しかし、履歴書の中の志望動機の欄がどうしても上手に書けないという人も多いのではないでしょうか?そんな人のために、解決法についてご紹介していきます。アルバイトを例としてあげると、応募するにあてって、それぞれの人に理由があるでしょう。「単純に好きだから」「会社の魅力に惹かれた」「すぐにでもお金が欲しいから」なども十分にありえます。こういった志望動機は書きにくい場合もありますよね。上記のように、志望動機を上手にかけない場合には、一定のパターンが存在しているのです。

志望動機と自己PRはしっかりと

以前から興味を持っていた

以前から興味を持っていた業種であれば、「以前から好きでした」という志望動機がシンプルで好印象を持たれることが多くなります。例に挙げると、ボーリング場やカラオケ、本屋、カフェテリア、ファッションなど、「好きだから仕事に就きたいと思った」旨の事を伝えれば有効的でしょう。注意点としては、実際に同じような志望動機を持っている人が多く、応募者の中で目立つことがありません。しかし、変な志望動機を書いてしまって墓穴を掘るよりも、何倍もメリットのある志望動機です。

アクセス面が良かったので

志望動機の中に、職場とのアクセス面を持っていく人が多くいます。この志望動機は競争倍率の高い企業では有効的ではありません。その理由としては、その業種や会社に対してではなく、その他の方面で物事を見ていることになるので、好印象をもたれることがないのです。逆にネガティブな印象をもたれる可能性もあり、多くのライバルがいれば追い越される可能性が高くなってしまいます。この志望動機は人気商売ではなく、清掃員やごみ収集など、人気の高くない業種であれば有効的な志望動機です。人気商売ではない会社に、「この業種が好きで興味を持っていた」といっても逆に怪訝な顔をされてしまいますよね。無難なアピールが望ましい場合での志望動機なのです。

給与面が希望に叶っていたので

志望動機に給与面の話を持っていくのは、最終手段と考えてもらって構いません。この描き方を使う時は、高収入が望めるバイトを志望している場合ですね。高収入バイトの中には、どれも時給が1000円以上のものがあり、非常に魅力的です。その分仕事内容はハードになっていますが、それにも勝るポジティブな要素が含まれています。業種はテレアポなど大変な職種が多いので、「好きだから」「アクセス面」などの理由は好ましくありません。こういった業種では、正直に「稼ぎたい」という志望動機が丁度いいのです。