寿司屋バイト通り

寿司屋バイト面接のポイント!

寿司屋バイト通り

人気サイト★ランキング

特集ページ

トラブル回避!「時価」について

トラブル回避!「時価」について 回らない寿司屋で恐怖を感じる『時価』の2文字。なぜ時価なの?ぼったくりなの?時価の意味を正しく知ろう!

質問は元気にハキハキと!

最後に何か質問はありますか?への答えはしっかりと

寿司屋に興味があり、バイトをしたい、働きたいという意思がある人に知っておいてもらいたいことがあります。バイトの面接の時に出る面接官からの最後の言葉「何か質問はありますか」についての対応です。この言葉に対してどう反応するかを面接官は見ています。その対応いかんによって採用か不採用かが決まる場合がありますので、正しい対応を覚えておきましょう。

最後に何か質問はありますか?への答えはしっかりと

質問をしよう

「何か質問がありますか」と面接官が聞いた時に、何も質問が思い浮かばずに、「ありません」と答えた場合、面接官はどう思うでしょうか。真剣にうちのお店で働く気がないのではないかと判断してしまうかもしれません。あなたにもし好きな異性がいた場合、その人の事をたくさん知りたくなり、質問もたくさん浮かんでくるのではないでしょうか。働く場所も同じです。もしそのお寿司屋さんが大好きで働きたいなら、たくさん質問が出てくるはずだと、寿司屋の面接官も思うはずです。なので「本当にこの寿司屋で働きたい」という意思を見せるためにも、最後に聞かれた場合は質問をしましょう。しかしだからと言って、どんな質問をしても熱意が伝わるかと言えば、そんなことはありません。苦し紛れに適当な質問をすれば、それはすぐに相手に伝わります。ですから面接を受ける前に質問をいくつか作っておくことをおすすめします。ポイントは「ちょっと調べればわかるような事は避ける事」です。下調べもせずにそのお店で働こうとしていると思われてしまうからです。調べても分からない事を質問すると、よく調べてきているなという印象を与えるでしょう。また、そのお店の将来のビジョンなどを質問するのもおすすめです。将来にわたって、熱意をもって働こうという意思を感じるので好印象を与えるかもしれません。

答えを聞くときの姿も重要

質問をした後、面接官が質問に答えてくれている時のあなたの姿勢も重要です。せっかく質問に答えてくれているのに、何もせずにただ答えを聞いているだけだと「本当にこの質問の答えを知りたいのかな」と面接官に疑問を持たれるかもしれません。社会に出るとわかるのですが、「質問をして、質問の答えを聞くときはメモと筆記用具を持つことが常識」です。重要だと思う場所をメモに取ることで、本当に質問の答えを知りたいんだという姿勢を見せることができます。そして社会的な常識があると採用する側として安心できます。質問をして、面接官が話しはじめたら、すっとメモと筆記用具を取り出し、メモを取り始めましょう。質問をする、答えをメモするところまで、ひっくるめて一連の動作だという事を知りましょう。